いちご狩り料金表

 
10品種以上を栽培しています

当園は、山武市成東観光苺組合の中でも、早くから高設栽培にも取り組みを始め、車椅子の方も楽しめるように進めて来ました。年によって栽培する割合など変化がありますが、新しい品種の「くろいちご」「チーバベリー」も含めて10種類以上あります。それぞれの品種で、おいしさのピークも違いますので、今後も皆様が色々な苺の味を楽しんでいただけるように栽培して行きたいと思っています。

 
くろいちご(真紅の美鈴)
「くろいちご」という名前は通称で、一般的な苺の赤より暗紅色なので、黒っぽく見える事から付けられました。正式名は「真紅の美鈴」という平成24年度に登録出願された千葉県の新品種で、「房の香」と「麗紅」から交配されました。糖度が20.9と非常に高く、酸味は低い品種で実は硬めです。まだ生産農家は少なく、当園もそのひとつです。
ふさのか
 
チーバベリー
千葉県農林総合研究センターで開発された、果実が大粒で甘く、程よい酸味がある新品種です。千葉県の独自系統と、甘く柔らかい人気品種「とちおとめ」を掛け合わせたもので、下記のような特徴を持っています。
・大粒で果汁がたっぷりジューシーです

・甘味だけでなく、程よい酸味があるので、味わい深い甘さです
・きれいな円錐形で、赤みも鮮やかです
ふさのか
 
ゆめのか
2004年に品種登録が行われた愛知県の育成品種です。平均20gを超えるという大きさが魅力で、糖度はとちおとめと同じくらいの甘さですが、酸度はとちおとめより低めです。ジューシーで食味も良いものとなっています。まだ苺狩りではめずらしい品種ですので、ぜひ食べ比べしてください。
ふさのか
 
ふさのか
千葉県で育成された品種で、苺狩りでも人気トップクラス。特長は観光イチゴ狩り向きで収穫が安定している事と、糖度が高く酸味は少なく、さわやかなもものような香りです。他の品種と食べ比べてみてください。
ふさのか

 

とちおとめ

栃木県生まれの品種です。円錐形が特徴で、甘さ・酸味・コクなどのバランスが良いのが自慢。スーパーなどでも一般的に見かけますが、新鮮な摘みたての味と香りは、普段口にしている物とは段違いですよ。
とちおとめ

 

かおりの

三重県生まれの新品種です。酸味が少なくさわやかな甘さが引き立つ。上品な香りがあふれる事からネーミングされたそうです。病気にも強く、おいしい苺がシーズン通じて収穫できます。
かおりの

 

かなみひめ
 
2005年に登録された静岡県生まれの新品種。「とちおとめ」と「章姫」から生まれました。果実は長円錐形で大きく、とちおとめと比較すると鮮紅色です。やさしい甘さで酸味はごく少ないのが特長の苺です。
かなみひめ

 

べにほっぺ
 
静岡生まれの品種で、時期にもよりますが、非常に大きな実がなる紅ほっぺ。甘さ・コク・みずみずしさなど良い点をぎゅっと凝縮した感じの素晴らしい品種で、非常に人気があります。収穫時期によっては小粒が多くなってしまう事もありますので、ご了承ください。
べにほっぺ

 

あきひめ
 
静岡県生まれの品種。先の尖ったキレイな形が特徴。果実は柔らかく甘さが非常に柔らかい、ホワンとした甘みが絶品。酸味が少ない品種なため、お子さまにも非常に人気が有ります。さっぱりした甘さが人気の秘訣でしょう。
あきひめ

 

白い苺

新種の白い苺は、ほんのりしたピンク色、さっぱりした酸味の少ないモモのような甘さです。成長のためには日光が必要ですが、あたりすぎると赤み(アントシアニン)が強くなってしまい栽培が難しい品種です。栽培農家もまだ少ないので、とても希少です。
白い苺

 



【クイズの答え】
上から、「べにほっぺ」「ふさのか」「かなみひめ」

あきらいちご園

お問い合わせはこちら
園主 宇津木 彰

イチゴ狩りの開園状況、その他お気軽にお問い合わせください
【代表者】宇津木 彰
【住所】 千葉県山武市富田 764-4
【苺狩り受付時間】10:00~15:00
【売店電話】 0475-82-0938
【携帯】 090-8803-5231
『クイズ この苺は何?』
さて、この苺の断面写真は、何と言う種類でしょう。答えはページ下。